Home

ソフトウェアアナログ

アナログ電子回路設計に関する基本的な教育リソース 教育/モジュール/ソフトウェア 調べる / 学ぶ. 70pF)に追加される浮遊容量と、もう一つは LA1600 へのIF入力レベル調整(C5:10pF)です。 OSCの部分は、バリコンの調整トリマを最小付近にすることで吸収できます。 C5は、このように2マス以上開けます。 回路図には10pFと記載していますが、実際には12pFになりますね。 ブレボの浮遊容量(4pF)でも鳴るレベルなので、逆に利用することもできます。 普通の8ビットPICを大人しく使うのとは違って、dsPIC33CH64MP202 の2つのコアをMAXクロックで動作させると、100mA程度と消費電力が大きく、数百MHzオーダーのノイズがばらまかれます。場合によっては、それが回り回って、スピーカーから大きめのホワイトノイズのようなノイズ音が聴こえることがあります。 こんな感じに配置しています。 色々試してみた結果、意外にもアナログ部とデジタル部のグランドを一箇所接続すると(緑のライン)、スピーカーからかすかに聴こえていたノイズが大幅に減りましたので、そのまま接続しています。 例えば、バリコンを放送局が無いところに合わせてボリュームを最大にします。スピーカーからのノイズ音を聴きながら、ブレボの電源ライン上に、回路図には載っていないパスコンを入れてみるとかしてみます。 ただし、パスコンを入れたからといって、必ずしもノイズが減るとは限りません。場所によっては、追加したパスコンが通り道になって逆効果になるケースもあります。 また、オシロの観測ではノイ. こうすればアナログ量を4ビットでデジタル化したことになり、これがアナログ量を量子化する基本的な考え方です。 アナログ入出力デバイスの絶縁タイプ.

デジタル放送の利点には、情報にノイズが入りにくいためクリアな品質を保てることや、著作権保護が容易であること、付加価値情報を併送できることなどが挙げられます。 しかし、最大のメリットは、何と言っても圧縮できることでしょう。 これによって、テレビ放送の周波数帯をコンパクトにまとめることが可能になったのです。 これは、一度に多くの情報を伝達できることを意味します。ハイビジョンのような高画質・高音質の画像を視聴できるのは、信号を圧縮して大量の情報をまとめて送れるデジタル放送の機能によるものです。 データ放送や副音声、画面分割が可能になったのもデジタル放送がもたらした恩恵です。. RF DACを使用することにより、無線アーキテクチャの設計を簡素化することができます。従来のシグナル・チェーンで使用されてきた多くの部品が不要になり、サイズを縮小することが可能になります。AD9162/AD9164は、卓越したRF性能と魅力的な機能群を併せ持つRF DACです。これらを採用することにより、多様な無線トランスミッタに対応し、真のソフトウェア無線の実現に、かつてないほど近づくことができます。 1米国特許番号6,842,132と7,796,971. See full list on xn--p8jqu4215bemxd. 組込みシステム技術協会(JASA) 「組込み技術者試験制度(ETEC:Embedded Technology Engineer Certification)」 3. AD9162/AD9164に対するデータの入力には、8 レーン、12. FIRタップ数を変えてみる 4. RFデータ・コンバータは、従来よりも高速に動作することが可能です。加えて、その速度にも対応できる信号処理機能が追加されている点でも従来のものとは異なります。そうした速度と機能群という強力な組み合わせによって、無線アーキテクチャの設計を劇的に変革することができます。すなわち、再構成が可能なソフトウェア無線に新たな可能性がもたらされるということです。 そのRFデータ・コンバータの代表的な例が、RF DAC製品ファミリーのAD9162とAD9164です。図2に両製品のブロック図を示しました。AD9162は分解能が16ビット、サンプル・レートが6GSPS( ギガサンプル/秒) のRF DACです。インターポレーションの機能として、1倍(バイパス・モード)から最大24倍までの複数のオプションを備えています。インターポレータは標準的な80%の帯域幅ではなく、より広い90%の帯域幅に対して動作が可能です。 この条件で動作させた場合、消費電力はやや多くなりますが、瞬時信号帯域幅が広がります。図2を見ると、NCOの前に「HB 2×」というブロックがあります。これは、ハーフバンド・インターポレータとしては最終段に当たる「FIR85」です。これにより、DACの最大サンプル・レートが実質的に12GSPSとなります。その結果、折返しイメージの周波数がより遠くに離れるため、フィルタに対する要件が緩和されます。オプションであるこのFIR85の後段には、6GSPSまたは12GSPS(FIR85を有効にした場合)の更新レートで動作する48ビットのNCOが配置されています。NCOの後段には、x/sinx型の補償フィルタがあります。これは、DACコアに対する入力にプリエンファシスを適用することで、sinx/x型のロールオフ特性を補正する役割を果たします。 両製品のDACコアは、アナログ・デバイセズの特許技術である「Quad Switch」というアーキテクチャ1を採用して設計されています。その結果、卓越したSFDRとNSDによって業界最高のダイナミック・レンジが実現されています。また、NRZ(Non Return to Zero)モード、RZ(Return to Zero) ソフトウェアアナログ モード、Mix-ModeTMというよく知られるDACデコーダのオプションも、このアーキテクチャによって提供されます。さらに、F. 先日、ある友人と飲む機会があってその席で出てきた話です。 「C++が組めれば組み込みソフト屋になれると教えているところがあるそうだよ」 「C++を組めるってことは、オブジェクト指向の考え方が分かっていて、クラス設計もできて、インスタンス設計もできるってこと? それはすごいね」 「そうじゃなくて、クラス設計もインスタンス設計も誰かがやってくれるからいいんだって」 これが事実だとすると、恐ろしいことだと筆者は思いますが、皆さんはいかがでしょうか。 ご意見、ご要望などがありましたらできる限り取り込んでいきたいと思いますので、下記までメールをお送りください。(次回に続く).

さらに、ソフトウェアのダウンロードを扱う部分がある。ここでは、RF信号から直接ベースバンド信号に変換するダイレクトコンバージョン(Direct Conversion)方式の場合を示している。 1. 5GBPSのJESD204Bインターフェースを使用します。この高速シリアル・インターフェースによって、デジタル・ベースバンド・デバイスをDACに接続するための配線の本数を削減できます。その結果、基板のレイアウトを簡素化することが可能になります。このインターフェースの詳しい使い方についてはデータシートを、JESD204Bインターフェースの詳細についてはアナログ・デバイセズのウェブ・サイトを参照してください。 AD9162/AD9164のデータパスでは、最初のインターポレータとして、2倍のハーフバンド・フィルタと3倍のサードバンド・フィルタが用意されています。どちらも、80%または90%の信号帯域幅を選択可能で、阻止域減衰量はともに85dB以上です。90%の帯域幅のフィルタを選択すれば、急峻なカットオフ特性が得られます。ただし、フィルタのタップ数が多くなるので消費電力も増加します。2段目のフィルタ段にある2倍のハーフバンド・フィルタならびにFIR85は、最初のインターポレータに合わせて90%の帯域幅に対応しています。後続のフィルタは、いずれもインターポレーションを施した後のデータを扱うので、消費電力をほとんど増加させることなく90%の帯域幅に対応できます。 2×NRZモードを実現可能なFIR85は、他のインターポレーション・フィルタとは異なるかたちで実装されています。具体的には、DACのQuad Switchアーキテクチャを活用し、DAC用クロックの立上がりエッジと立下がりエッジでデータをサンプリングします。この方法では、クロックの各エッジで新しいデータがサンプリングされることにより、DACのサンプル・レートを2倍の12GSPSに高められます。それによって、信号の折返しイメージはfDAC-fOUTから2×fDAC-fOUTに移動します。その結果、アナログ・フィルタの実装が簡素化され、折返しイメージの除去が容易になります。この方法によってサンプリングと補間を行うと、DACの出力はクロック・バランスの影響を受けやすくなります。しかし、両ICは、自身へのクロック入力を調整して性能をチューニングできるようになっています。この調整は、SPI(Serial Peripheral Interface)を介して. . ) キャリブレーションソフトウェアを含んでいます。 最大1,073,741,824件のAD変換データを入力することができます。 ディスクへのデータ保存ができます。.

アイコンをクリックすることで、本ソフトの設定を変更することができます。 ・「tutorial」ボタンを非表示にする。 ・起動時に「key config」画面を開く。 ・「key config」画面で自動的にソフトウェアキーボードを開く。. タイマの制御が必要か? 4. 今回使うdsPICのADC速度だけを考えるとダイレクトコンバージョンもギリギリいけそうな気がしますが、安定性の確保やソフト処理が厳しくなるのでヘテロダイン方式でいくことに。中間周波数を低くする方法もありますが、ここはあえて馴染みのある455KHzにしています。なので、フロントエンド部分はスーパーラジオそのものです。 自作の直交検波では、4066などのアナログスイッチを用いた回路でIQ信号を生成することが多いようですが、本作の条件ではソフトウェアで算出する余裕があったので計算することにしました。なので、直交ミクサとIQサンプリングの精度を気にしなくても良いですし、手持ちの受信機から455KHzのIFだけ取り出して入力することもできます。 デュアルコアdsPICでは、どちらのコアにもDSPエンジンが載っているので、2つのDSPエンジンを駆使してソフトウェア復調処理を行っています。 スレーブコアで455KHzを2. 閉じたアナログ信号処理は、全て計算にて行うことができます。受信した電波を、音声やデジタルデータに復調することだって、数式で示すことができます。 ソフトウェアラジオは、受信波の復調過程の一部をソフトウェアで計算して復調結果を得ます。受信するものは、普通のFM・AMラジオに限りません。短波帯やデジタルTV、エアバンドや携帯、GPSなど、とにかくデジタル的にソフトウェアで計算して結果を得ます。 ソフトウェアアナログ また、計算処理を入れ替えたりパラメータを変更することで、様々な変調方式への対応や細かい復調設定が簡単にできてしまうのもアナログ回路にはできない芸当で、これがSDR「Software Defined Radio(ソフトウェア定義ラジオ)」と呼ばれる理由です。. 局発周波数を変えてみる 3. 情報処理推進機構(IPA) 「組込みスキル標準(ETSS:Embedded Technology Skill Standard)」 2. dsPICでのDSPプログラミング概要と、当作のソフトウェアについて解説しています。 なお、デュアルコア特有の扱いについては、ここではデバッグ方法など必要最低限のことだけ書いてあります。もう少し知りたい場合は「デュアルコアdsPIC33CHシリーズの使い方まとめ」を参照してください。.

デジタル放送とは、0と1とで構成されるデジタル信号の伝達を利用したテレビ放送のやり方です。 アナログ波の信号をデジタル回路でデジタル信号に変換する手順が入るため、受信の遅延が発生しやすく、チャンネルの切り替えが遅くなることがあります。 しかし、信号がノイズに強く、ノイズが混入したとしてもエラー検出や訂正機能を使って、劣化なく元の情報に復元できる強みがあります。 ただし、ノイズが大きくなりすぎると、エラー検出や訂正ではカバーできなくなって、受信が完全に停止します。 日本では、年に関東、近畿、中京の3大広域圏でデジタル放送がスタートし、年に一部地域を除いて完全にデジタル放送に切り替わりました。. 1 ソフトウェア構造 地上デジタルハイビジョンテレビ用ソフトウェアの階層を 図2に示す。“デバイスドライバ層”,“os(基本ソフトウェア) 層”,“下位ミドルウェア層”,“上位ミドルウェア層”,“アプリ ケーション層”の5階層から成る。. 要件を満たす機能が実現できると判断できたら、次にOSの代わりになるものが必要なのか、それとも処理を単純に繰り返せば済むのかを検討します。何をもってOSの代わりになるものが必要だと判断するかは難しいですが、タスクやプロセスが複数となり並列に処理をする場合や、ある時間タイミングで必ず処理するものがあるような場合は、OSの代わりになるものはあった方がよいでしょう。 ハードウェア割り込みとタイマ割り込みがあれば十分だという場合も、本当に割り込み処理だけでよいのかは慎重に検討してください。「割り込みが入っても現在の処理をある時点まで継続させたい」などという要件がある場合は、単純な割り込み処理だけでは対応できないことがよくあります。 また、MPUが持っているタイマの本数は限られていますので、それより多くのタイマが必要な場合も同様です。以上をまとめると次のようになります。 1. プリバテックは、lsi設計・テスト・fpga、システム機器、デバイスドライバ〜組込みソフト開発、技術サポートまで、様々な製品開発に先進のテクノロジーとニーズに合わせた高い付加価値のご提供及び高温・低温ウェハ・ファイナルテストが可能な設備を備え、半導体製品の評価における. アナログメーター認識ソフトウェア エッジ版. See full list ソフトウェアアナログ on analog.

並列処理が必要か? 2. さて、先の閉じたアナログ信号処理は、全て計算にて行うことができるという話に戻ります。これは、例えば、同調回路もそうですし、局発信号の生成や混合処理も、ローパスフィルタも、増幅だってできます。 まずは放送波をADCで取り込んで一旦数値化します。そして計算を施したら、その結果をDACに流してやれば、検波後の音声信号が再生できるという仕組みです。 ということは、こんな感じで作れば理論的にはラジオができることになります。 でも、実際には電波はとても微小ですし周波数も高いので、全てをデジタル化しようとするとコストが上がり難しくなってしまう部分もあります。なので、ソコはこれまで通りアナログ回路にやってもらいます。 どこをアナログでやって、どこをデジタルでやるかといったことは決まっているわけではなく、モノによってまちまちなんですが、少なくとも検波の部分は計算で処理するのが普通です。その検波方式には「直交検波」が用いられます。. 16ビット音声再生のできるパソコンが必要です。 Windows XP で動作確認済みです。 インストール. See full list on mizuho-a. 外部クロックによるサンプリング可能です。高速カメラの垂直同期信号との同期サンプリングで動画像と同期したアナログデータを取得します。 データはCSV形式で出力可能です。. アナログLSIの回路設計からレイアウト設計、評価まで一貫設計しています。センサー(CIS)、電源、オーディオ、発振器、Mixed signal(ADC)を得意としており新しい回路技術、設計手法を用いた技術開発も進めています。. 従来、高速データ・コンバータの技術開発では、一定の性能を維持しつつ変換レートを高めることを目標としていました。維持すべき性能としては、ノイズ・スペクトル密度(NSD)やスプリアスフリー・ダイナミック・レンジ(SFDR)といった項目が挙げられます。相互変調歪み(IMD)も、シングルトーンの信号と変調信号の両方に対して重要です。変調信号は、GSM、3G(W-CDMA)、4G(OFDM)といった広く普及しているワイヤレス通信システムや、256QAMを利用するケーブル通信などで使用されます。.

アナログ・デバイセズ(ADI)は年10月23日、ソフトウェア無線(SDR:Software Defined Radio)に適したRFアジャイルトランシーバ「AD9361」を発表した。動作する周波数範囲は70MHz~6GHzで、チャネル帯域幅も200kHz~56MHzと広い。. Analog Meter Recognizerのエッジ版です。円形メーター、7セグメント表示機器、LEDランプに加え、フロートメーター、ドラム式メーターを認識できます。. FUJITSU Software Imagepower Analog Meter Recognizer. 割り込みの制御が必要か? 3. アナログメーター認識ソフトウェア カメラ映像から、画像認識技術で円形のアナログメーター,7セグメント表示情報,LEDランプ点灯の認識をおこない、データの蓄積やアラームを発生させるソフトウェアです。. アナログ機種は、コルグの誇る電子回路モデリング・テクノロジーcmtによって、アナログ独特の有機性や意外性を含むフィーリングを実現。 デジタル機種は、数千を超えるPCM/サウンド・プログラムを完全収録し、誰もが聴けば分かるアイコニックな「あの.

スタンダードセルでは実現できない回路(アナログ回路など)も含むことができる。 プログラマブルロジックデバイスでは、利用できない。ただし、fpga等にあらかじめ埋め込まれているハードマクロが存在する場合もある。. ソフトウェアアナログ 入力のサンプリング周波数を変えてみる 2. ソフトウェアの仕様については、ヘルプファイルをご覧下さい。 (ヘルプファイルは対応OSなどのソフトウェアの仕様やAPIの仕様・使用方法、サンプルコードなどが記載されたソフトウェア説明書です) ヘルプファイル(アナログ入出力ユニット用のヘルプファイルをダウンロードしてください。). アナログ放送とは、アナログ信号の伝達を利用したテレビ放送のメソッドです。 そもそも、アナログとは情報を「連続した量」として扱うことであり、アナログ放送では電波を波のまま送信します。 日本ではアナログ放送は1953年にスタートし、年に終了しました。 かつて、アナログ放送で利用していたのはVHFとUHFという電波です。 VHFでは、90~108MHzのローバンドと、170~222MHzのハイバンドの周波数帯を使っていました。 一方、UHFで使っていた周波数帯は470MHz~770MHzです。 他の電波が少なかったため、余裕のある周波数帯の使い方をしても問題なかったのです。 アナログ放送には、電波を送る距離が長くなるにつれ、ゆるやかに品質が劣化するという特徴があります。 しかし、電波の受信状況が悪くなることで画像が劣化することはあっても、完全に停止することはありません。 また、電波をそのままの形で送るので受信の遅延がなく、チャンネルの切り替えが早いのもメリットです。 ただし、ノイズの影響を受けやすく、簡単に複製が作れるため著作権の保護が難しいというデメリットがあります。. アナログ音源をパソコンのハードディスクに録音すれば、録音したデジタルデータを再生し手軽に音楽を楽しむことができます。 またCDを作ったり、MP3形式のデータに変換したりして、何時でも何処ででも好きな音楽を楽しむことができるようになります。. これから数回にわたり、アナログ信号よりある帯域の成分を取り除き、必要な信号成分だけを取り出す目的で使用される、信号処理用のフィルターについて紹介していきます。今回は、フィルター処理の中で、アナログ信号の状態で使用するアナログ・フィルターと一度デジタル値に変換して. アナログ無線機自動測定ソフトウェア mx283058a(以下、本ソフトウェア)は、シグナルアナライザ ms2830a本体(以下、ms2830a)に搭載し、ms2830aを自動制御して狭帯域fm無線機の送受信特性を 測定して結果取得および判定を行います。. 横浜市経済観光局 組込みシステム人材教育研究会 5.

See full list on y2c. ソフトウェアアナログ . アナログ・デバイセズはミドルウェアと共に、お客様が新製品を開発するために必要とするものを提供できます。 View More ソフトウェアおよびツール異常の検索. 以前にも書いたように、組み込みシステムのエンジニアは7~9万人不足していて、そのうちの約60%がソフトウェア技術者の不足だといわれています。組み込みソフトウェアのエンジニアは多岐にわたるスキルを要求されている一方で、C言語やJavaのプログラミングができるだけで組み込みソフトウェアのプログラマだと思い込まれている方もいるようです。 これは非常に危険なことだと思いますし、こう感じているのは筆者だけではないようで、以下のようなさまざまな組織や団体がスキルアップや人材育成の活動をしています。 1. ソフトウェアアナログ More ソフトウェアアナログ videos. See full list on monoist. デジタルとアナログの表現の違い 受講生 最近、デジタルで描くのが主流になってきてる気がします。 どっちで練習したほうが良いのでしょうか? 松原美那子 デジタルは便利ですからね~ 今回は「デジタルとアナ. 高分解能(16ビット) ワイドレンジ(-10V~+10V)入出力 (アナログ入力は-5V~+5Vへのレンジ切り替えも可能) 差動入力 → ノイズの影響を低減する事ができます。 高速サンプリング(アナログ入力180KSPS)(アナログ出力150KSPS) ※ KSPS:キロ サンプリング/秒 アナログ入力は1秒間に180,000回、アナログ出力は1秒間に150,000回サンプリングが可能です。 同時サンプリング → 複数チャネルを使用する場合も最高速でのサンプリングが可能です。 → 入出力信号間の位相関係が重要なアプリケーションに最適です。 大容量データバッファ搭載(1チャネルあたり1Mデータ) → ソフトウェアアナログ パソコン側の負荷を大幅に軽減する事が可能です。 → FIFOバッファ形式/リングバッファ形式が選択できますので、色々な用途に使用できます。 外部クロック・外部トリガ・アナログトリガ機能搭載 → ハードウェアによる正確な同期が可能です。 バス絶縁回路内蔵 → 耐ノイズ性が高くなっています。 → 外部回路の異常からパソコンを保護することができます。 ソフトウェアも用意されており、プログラミング不要で動作させる事もできます。 (ソフトウェアの一例) ・ アナログ入力を連続でおこない、波形をグラフ表示 ・ アナログ入力を連続でおこない、ファイル保存(データロガー) ・ 波形データをCSVファイルから読み出し、アナログ出力(任意波形/ファンクションジェネレータ) 1台のPCに最大で各機種16台接続することができます。(USBハブ使用可) ※ DAQ-Xシリーズ全体では32台までです。.

従来、無線装置では、有線/無線通信リンク用の主要な構成要素として、高速データ・コンバータと直交変調器を使用していました。無線システムには、ヘテロダイン、スーパーヘテロダイン、ダイレクト・コンバージョンといった異なる方式があります。いずれの場合も、トランスミッタとレシーバにおいて、アナログ信号とデジタル信号を相互に変換するために データ・コンバータが必要になります。無線設計の進化については、フィルタやパワー・アンプの技術に加え、データ・コンバータの技術の進歩が1つの指標になります。 図1に示したのは、従来の無線トランスミッタのブロック図です。このトランスミッタは、ベースバンド信号に対応するDACを使って実装されています。つまり、ベースバンド帯のデジタル・データが、同期をとった2つのDACによってアナログ信号に変換されるということです。同相データはIチャンネルのDAC、直交データはQチャンネルのDACに割り当てられます。これら2つのDACの出力は、直交変調器に送られます。変調器の種類により、その出力信号の周波数は、200MHz~400MHz程度のやや低めのIF周波数(中間周波数)、500MHz~1GHz程度のやや高いIF周波数、あるいは1GHz~5GHzのRF周波数といった具合に異なります。図1に示したように、直交変調器の後段には、最終的な周波数を得るためのアップコンバージョン用の回路が配置されます。それによって得られた信号は、バンドパス・フィルタによってフィルタリングされてから、パワー・アンプ、もう1つのバンドパス・フィルタ(デュプレクサなどに含まれている場合もあります)の順に送信されます。 このアーキテクチャにおける送信時の一般的な瞬時帯域幅は、主にDAC、パワー・アンプ、フィルタの帯域幅によって制限されます。具体的には数十~ 数百MHzであり、システムによっては不十分な値となります。例えば、新しいEバンドのマイクロ波無線バックホールには、500MHz、1GHz、あるいは2GHzに対応する無線チャンネルが必要になります。同様に、ワイヤレス基地局などに実装されるマルチバンド無線でも、一部のバンドの組み合わせに対応するためには500MHz、700MHz、さらには1GHzといった広い帯域幅が必要になる場合があります。従来の無線設計では、各バンドに対して1つずつ、計2. 画像同期アナログ入力ソフトウェア Dipp-ADⅡ 製品の概要. アナログ放送が終わった背景には、携帯電話の爆発的な普及によって電波の周波数帯が飽和状態になったことがあります。 データの圧縮ができるデジタル放送の利点を活用して、UHFの一部周波数帯にテレビ放送の電波を集中させ、空いた部分を通信などが利用できるよう開放することにしたのです。 もう1つの理由は、著作権の保護です。 アナログ情報はコピーを取ることが容易なので著作権を保護するのが難しく、著作者の利益を守ることができません。 デジタル放送なら、複製を作れないようブロックすることが可能です。.